レッスンメニュー

ご予約・料金

当スタジオ専用ウェブサイトで承っております。

以下のリンクから移動できます。

AUMA YOGA STUDIO website : 6packyoga


ヨガの歴史

「そもそもヨガって?」 

 

「ヨガ」とはサンスクリット語の「ユジュ・ユジ」(牛や馬よ車をつなぐ手綱)が語源で、

体・心・魂を神(あるいは宇宙)に結びつけることの修行法として、紀元前4000年~2000年頃、インダス文明で生まれました。

 

奔放な諸器官を『馬』に例えて、

それを制御する手綱は『思考力』

       馬車は『身体』

      乗る人を『自我』

       御者を『理性』

 

として、ウパニシャッド(奥義書)という文献で、「ヨーガ」という言葉が登場します。

手綱を御者がしっかり制御することによって、馬が勝手に走っていかないようにすること。

このような状態がヨガであると記述されています。

2~4世紀頃に、最も古いヨガの根本経典である「ヨガ・スートラ」が編纂され、具体的なヨガの実践方法が記されました。

「ヨガ・スートラ」によると、ヨガは「心の動きを止滅すること」と定義され、

心の動きをコントロールするさまざまな鍛錬により、苦しみから解放されることをその目的としています。

5世紀を過ぎた頃にヨガの体系が完成したと言われています。

ポーズ(アーサナ)と呼吸法(プラーナヤーマ)などの、肉体を浄化し強化する鍛錬によって、

自己(エゴ)を超越したゆるぎない境地を目指す「ハタ・ヨガ(=力強いヨガの意)」が出現しました。

現在世界中に普及しているヨガのポーズは、この伝統的なハタヨガの一部です。

その後、ハタヨガの教法を基礎として様々な流派が生まれ、複雑に交じり合いながら現代のヨガへとつながります。

心と身体をリラックスさせ、健康的で充実した生活を送るためのツールとして、現在も新しいスタイルのヨガが次々と生まれています。

ヨガの目的と特長

「歪みの解消と、活動的でありがならもおだやかな気持ちに…」

現在ではダイエットや健康法としてみブームとなっているヨガですが、

本来の目的は「苦痛からの解放=快適で安定した心を作ること」

 

ポーズをとることで体の歪みが強制され、柔軟性や体力の向上などの効果がありますが、

そこにゆったりとした呼吸や瞑想を組み合わせることで、集中力のUP・おだやかで揺るぎない精神状態を作りだすことができます。

心身の歪みが解消し、全身が引き締まって美しいプロポーションを手に入れられるのはもちろん、

活力に満ちた前向きでおだやかな気持ちを得られることこそがヨガの特徴です。

ヨガの呼吸法

「集中力UP・リラックス効果・自律神経を整え、運動能力UP」

深呼吸で心身がリラックスできるように、呼吸が体と心に及ぼす影響はとても深いものです。

ヨガの基本でもある呼吸法は、呼吸を制御することで活力と集中力が増し、心と身体を結びつけてくれます。

吸う息は交感神経に、吐く息は副交感神経に作用すると言われているので、自律神経の調整にも効果的です。

また、細胞ひとつひとつに酸素が送り込まれ、体の内側から活性化するという効果もあります。

ライフスタイルとしてのヨガ

プロポーションの維持だけでなく、精神的な豊かさも得られるヨガは、

海外セレブたちだけではなく、今や多くの芸能人やスポーツ選手も生活の一部として取り入れてます。

アメリカでは、ヨギーニ(ヨガを行う女性)=セルフコントロールのできる魅力的な女性として、

自立して生活を楽しむ女性の代名詞となりつつあります。

 

ヨガはもはやブームではなく生き方そのもので、ストレスの多い生活の中で、

自らの心身を見つめ直し調整するといった、美しく余裕のある人生を送るために

なくてはならないものだと言っても過言ではありません。

 

ぜひ、ご自身のライフスタイルにヨガを取り入れてみませんか?